新城市(しんしろし)は愛知県東部に位置する奥三河の入り口にあり、豊かな自然に育まれた貴重な植物や動物の宝庫でもあります。

 

阿寺の七滝

巣山高原から流れる水は、下吉田阿寺地内で阿寺川となり、礫岩の断層崖を落下して、
全長64mに渡って流れ落ちる滝となります。7段の階段状に、素晴らしい曲線日を描いて
落ちる滝の姿は、幽玄そのもの。とりわけ、上から二番目と五番目の滝壺は水の勢いで
深くえぐられ、巨大な穴をつくっています
。礫岩にかかる滝としては、学術上貴重なもので、国の天然記念物に指定。
また、この礫岩を子抱石ともいい、これを祀ると子供が授かるという伝説があります。

阿寺の七滝阿寺の七滝

※画像をクリックすると拡大します。