新城市(しんしろし)は愛知県東部に位置する奥三河の入り口にあり、豊かな自然に育まれた貴重な植物や動物の宝庫でもあります。

Home » 花ごよみ » この記事

花ごよみ

ウラジロギボウシ

ウラジロギボウシ見所:乳岩の洞窟通天門付近
見頃:8~9月
鳳来寺山周辺の特殊植物の一つ。岩場に生育し、30~40cmほどの卵型の
葉は裏が粉白色で、季節には白い花をつけます。

リンドウ

リンドウ見所:鳳来湖堰堤より三河川合駅に至る下り道沿い
見頃:9~11月
朝夕に冷え込みを感じ始める頃になると、紫の花が咲き始めます。
控えめながら、芯の強そうな姿が人を惹きつけるのでしょうか。
茶花としても愛される、日本の秋を代表する花の一つです。
漢方の健胃薬「竜胆」は、根茎と根を乾燥したものです。

ルリミノキ

見所:鳳来寺山仁王門付近
見頃:10月
鳳来寺山の表参道から石段を登ると、うっそうとした杉木の中、仁王門
(重要文化財)がそびえ、ルリミノキはその周辺で多く見ることができ
ます。5月頃葉の付け根咲いた白い花の後に、秋、美しい瑠璃色の実を
つけることから、この名がつきました。

ニシキギ

見所:玖老勢 周昌院境内(山びこの丘奥)
見頃:10月
ニシキギの由来は、「錦木」。紅葉の見事さからこの名がつきました。
時を同じくして、紅い美しい実が結実します。この他、ヤマジノホトトギス、
ツリガネニンジンなどが楚々と咲き、境内・参道は秋の趣に満ちています。

紫式部(むらさきしきぶ)

見所:東海自然歩道(四谷千枚田~仏坂峠)
見頃:11・12月頃
源氏物語の作者にちなんで名づけられました。学名Callicarpa japonicaの
Callicarpaは『美しい実』を意味します。その名の通り、初夏に薄紫の花を
付け、秋には気品のある美しい紫の実を結びます。